×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資早分かり



ロスカットとは?

ロスカットとは?

ロスカットというのは、一定金額以上反対に振れたときに、ロス(損失)をそこでカット(切る)ための注文です。

例えば、米ドルを1ドル=110円で買っている場合に、1ドル=105円を切ることになったら損失をそこで抑えるために、1ドル=105円になったら自動的に決済するように注文を設定するのです。

これによって、冷静なときに事前にロスの範囲を自分で設定することができます。もちろん途中で変更することもできます。

資金が少ない場合にロスカットをうまく使うと、例えば、ここは絶対に勝てるというときには、ロスカットを極小にし、レバレッジを大きくして取引するといったこともできます。

また、ロスカットは取引単位で設定できますので、あるポジションは余裕を持っておいて、一部だけのロスカットを小さくするということもできます。

ただし、ロスカットは、必ずしもその価格でロスカットできるとは限りませんので注意してください。

というのは、為替は月曜日から金曜日までは連続して推移しているのですが、土日は休みなので、金曜日の終わりの価格と月曜日の朝の価格が連続していないからです。

つまり、月曜日の始値が金曜日の終値と比較して大きなギャップが発生したときには、指定しておいたロスカット価格ではロスカットできなくなることがあるのです。


スワップ金利の受け取り方は?
FXと外貨預金の金利は?
FXは危険?
スプレッドとは?
月曜日早朝の注文は危険?

FXと外貨預金の手数料は?
FXのレバレッジとは?
成り行きと指値
追証とは?
ロスカットとは?


逆指値注文
FRBの影響

豪ドル、NZドル
適切なレバレッジ
住宅ローン控除 年末残高証明書 転勤 財形住宅融資
消費税 火災保険 フラット35 フラット35
住宅ローン 売却で損 住宅ローン控除  

Copyright (C) 2011 外貨投資早分かり All Rights Reserved